【米国ニュース】YouTuber必見のブロックチェーンが誕生?

シリコンバレーの新興企業リノは、コンテンツクリエイターをより公正に守るために、仲介人を削減することを主目的とする分散型の共同所有の動画コンテンツ配信システムでYouTubeを利用する準備を進めている。
同社のウェブサイトによると、YouTubeはクリエイターに対して巨大な力を持ち利益を最大化することに焦点を当ているために、実際のクリエイターと衝突する可能性があるという。分散して所有される手段を作成することで、コンテンツ価値がクリエイターと提携寄稿者に直接配布されると主張している。
同社のLINOトークンはシステムの通貨として機能し、コンテンツの作成者と共有される。

元記事:https://www.coindesk.com/lino-raises-20-million-youtube-fight/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*