Wowoo【WWB】金型仮想通貨ICO情報

Wowoo【WWB】

目次

・トークンの基本情報
・ICO情報
・バーチャルコインフォ 編集部 の評価
・ホワイトペーパーの概要
・どこで買えるのか?

 

Wowooとは

Wowooは厳密にはプラットフォームの名称であり、その中で使われる仮想通貨がWowbitであるNEOのCEOがアドバイザーとして参画しており、OKWAVEが出資をしているプロジェクトになる。このプロジェクトの目標は人々の善意や感動を価値化することである。また、ICOをサポートするためのプラットフォームも目指している。

Wowoo公式サイト

 

トークンの基本情報

通貨名/通貨単位 Wowoo【WWB】
最大供給量 1,111,111,111WWB 
現在の供給量(記事作成時) 
システム(アルゴリズム) ETH 
準拠システム ERC20
公開日2018年2月22日
国籍 シンガポール

Wowooホワイトペーパー

 

ICO
ICO日時 2018年2月22日-2018年3月2日
ICO時の発行枚数割合 25%
ICO完了時の総調達額 
初回価格      0.0011ETH  

 

編集部評価

Q&Aサイトで有名な日本企業OKWAVEが出資している点は非常に興味深く、またNEOがアドバイザーについている点も、仮想通貨としての信頼が得られる要因になりうる。投げ銭システムはモナコインに似ているので、どこまで浸透するか、競合しないかという疑念はあるが、出資者やアドバイザーがしっかりしているため、早くも上場が決まるなど、固い仮想通貨という印象を受ける

保有判断 ◎

ホワイトペーパー

Wowooはプラットフォームの名称であり、そこで利用されている仮想通貨がWowbitである。このプロジェクトの目標は人々の善意や感動を価値化することである。インターネットで知識や知恵などを提供したものに対し、投票権を行使して感謝の気持ちを表す際に、Wowooが対価として使用される。この仮想通貨はわずかなコストで投げ銭のようなものを行うことができ、芸術や業績、作品といった価値をつけにくいものに対しても感謝・感動といった感情を伝えることが可能となっている。資金の34%が開発費に、31%がマーケティング費に、20%が準備用通貨に、そして11%が運営費用に利用されている。今後は、2018年第二四半期にWowooシステムの開発、第三四半期にサービスの本格リリース、2019年第三四半期にAIサービスの開始、第四四半期にエコシステムの成長を加速させる予定である。

主な取扱い取引所

・Bit-Z 公式HPはこちら

WowooSNS

   Telegram    

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*