【米国ニュース】米国連邦政府はブロックチェーン技術を真剣に考慮

ブロックチェーン技術に対する米国連邦政府の調達活動は、試用から本格導入に移行する兆候を示している。

仮想通貨とサプライチェーンを強化する分散型台帳技術と呼ばれる技術に対する2018年度の契約支出は、前年を上回ると見込まれており、導入の必要性が高まっている。これはブルームバーグの公共分野の担当者の分析によると、短期的かつ低価値からより長期的かつ収益性の高いものへのブロックチェーン契約がシフトしていると指摘されている。

これは、ITの近代化やその他の技術強化に費やす予算を抱えている政府を顧客とした請負業者となることを望んでいる米国の首都であるワシントンを中心に活動している企業にとっては良いニュースだ。

元記事 https://www.bizjournals.com/washington/news/2018/06/15/the-feds-are-finally-getting-serious-about.html

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*