【米国ニュース】米Twitterが仮想通貨関連広告の掲載を禁止へ

テクノロジーを専門とする米メディア・ネットワークThe Verge紙によれば、先日27日より、Twitterが仮想通貨関連広告の禁止を始めた。最近ではフェイスブックやグーグルといった大手ソーシャル・メディア・プラットフォームが仮想通貨関連広告の禁止に動いており、それに続く形となった。
Twitter社によれば、今回の措置は仮想通貨を使った詐欺からTwitter利用者を守るためのものであり、ICOやトークン販売に関する広告が全世界で禁止される。この措置は今後1ヶ月以内に全ての広告主に適用される予定である。しかし、今の所禁止対象はICOやトークン販売のみとなっており、仮想通貨取引所やウォレットに関しては全面的な禁止とはならない運びである。

元記事:https://www.theverge.com/2018/3/26/17164426/crypto-twitter-ban-bitcoin-cryptocurrency-ads

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*