【アフリカニュース】チュニジア政府学校給食にブロックチェーンを活用

チュニジア教育省は、学校給食のブロックチェーン追跡システムを実装するために、ブロックチェーンサプライチェーンのスタートアップDevery.ioと契約を結んでいる。
チュニジア政府は初等・中等教育制度の恵まれない学生に1日1回の新鮮な食事を提供する学校給食プログラムを運営している。これは、現在、国連の世界食糧計画によって管理されている。
政府は現在、食事配送の追跡におけるブロックチェーン技術の可能性を模索している。公式発表によると、実施には、初等教育の子供たち1500人に食事を提供する計画が含まれる。この試行が成功した後、目標は、現在食糧援助を受けている40万人の子供たち全員に計画を展開することだ。

元記事:https://www.econotimes.com/Tunisian-government-taps-blockchain-for-school-meals-programme-1240095

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*