【スイスニュース】当局がICOを証券として扱うガイドラインを公表

スイスの金融規制当局は、ICOを証券として扱うことを可能にするいくつかのガイドラインを発表している。ICO、または初期コイン・オファリングは、様々な仮想通貨がトークンを発行することによって、資金を調達する手段だ。2017年までにこれらのICOで30億ドル以上の資金調達が行われている。
スイス政府は仮想通貨を規制するために作られた一連のガイドラインを発行し、初期のブロックチェーンプロジェクトの多くがマネーロンダリング防止法の対象となるか、もしくは有価証券として提供されるようにした。これにより、投資家の財務の安定性が向上し、ブロックチェーン分野への資金調達も増えることが期待されている。

元記事:https://cryptoslate.com/swiss-financial-authorities-treat-icos-securities/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*