【欧州ニュース】国際送金決済SWIFTがブロックチェーン対抗策?

ベルギーのブリュッセルを拠点とする国際送金のSWIFTは、アジア市場最大の4つの銀行にリアルタイム決済システムを導入中だと語った。同社の動きは他のブロックチェーンによる決済システムへ打撃を与えることになるだろう。
また、同社は、WePayやAlipayのようなデジタル決済が普及している中国最大の金融業者を含む、13のアジア、オーストラリアの銀行と商談中だと語った。
同社は、ブロックチェーン技術を使用したリップルなどの安価で迅速な支払い方法に対向している。SWIFTは、新興企業の脅威にさらされている国境を越えた支払いを凍結し、昨年1月、リアルタイム追跡と即日決済を導入した。

元記事:https://www.finews.asia/finance/26772-swift-gpi-asia-blockchain-china-singapore-australia-thailand

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*