【ロシアニュース】国際送金SWIFT撤退の制裁に対抗でSPSF開発

イザベスティヤ紙によると、ロシア当局は、同国の国際送金決済システムを、2019年にブロックチェーン技術へ移管する予定だ。
ロシア中央銀行は、金融通信システム(SPFS)がブロックチェーンシステムに移管されることをメディアに語った。 SPFSはロシア版のSWIFTに相当する。これは、クリミアの侵略に対する制裁の一環として、SWIFTをロシアから撤退させるとの西側の脅しの後、2014年に開発された。ロシアは同じ理由でMirと呼ばれる独自のバージョンのVisaを開発した。
この脅しは最終的には実行されていないが、いまだ検討はされている。 SPFSは代替システムとして存在し、582のロシアの銀行が標準として使用中だ。

元記事:https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/russian-swift-transfer-blockchain-technology-2019/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*