Streamr【DATA】 金型仮想通貨ICO情報

Streamr【DATA】

目次

・トークンの基本情報
・ICO情報
・バーチャルコインフォ 編集部 の評価
・ホワイトペーパーの概要
・どこで買えるのか?

Streamrとは

現在、世の中に溢れているデータのうち重要なもののほとんどは、管理されている。しかし、この仮想通貨Streamr DATA coin (ストリーマー・データ・コイン) を利用することにより、我々自身がその売買を自由に行うことができる。この売買はストリーマー・ネットワークという分散型P2Pネットワークを利用して行われ、その管理の全てを自ら行うことができる。
通信インフラ施設・無線技術を中心とするフィンランドの開発ベンダーであるノキア、インダストリアルIoTやM2M分野のソフトウエアベンダーであるアメリカのOSIsoftと提携を結ぶことを発表した。ノキアとの提携により、ノキアユーザーのデータ売買を、OSIsoftとの提携により、そのPI・システム・ソフトウエアを提供している企業間のデータ交換をよりスピーディーにするという狙いである。

Streamr公式サイト

 

トークンの基本情報

通貨名/通貨単位 Streamr【DATA】
最大供給量 987,154,514DATA 
現在の供給量(記事作成時) 677,154,514DATA 
システム(アルゴリズム) ETH 
準拠システム ERC20
公開日2017年10月6日 
国籍 スイス

Streamrホワイトペーパー

 

ICO
ICO日時 2017年10月6日-2017年10月26日
ICO時の発行枚数割合 65%
ICO完了時の総調達額 27,000,000.00 USD
初回価格      0.0615USD 

 

編集部評価

ノキアやOSIsoft、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)など、次々と企業との提携を結んでおり、そのプラットフォームの信用度は高いと言える。今後も各国の企業に使用されていけば、通貨として安定していく可能性は高い。動画の更新も多く、どこかYouTuberのようなしゃべり口は今どきさを感じるが、信頼を大事とする仮想通貨において、一般ユーザーがどう感じるかは気になるところではある。

保有判断 〇

ホワイトペーパー

Streamer (ストリーマー)はそのネットワークの利用者同士で情報を交換・売買できるプラットフォームを提供している。現在、世の中の情報の多くは大企業の手中にあり、管理下にある。これら情報は、時に無償、時に有償で我々に提供されており、提供することで大企業の利益となることがある。しかし、このストリーマー・ネットワークを利用することによって、セキュリティエクスチェンジ、接続デバイス、IoTセンサー、ソーシャルメディアからの貴重なデータを、企業、開発者、および民間の市民に提供することができる。つまり、個人でもこのような情報を自主的に販売し、支払いを受け、必要なデータを購入することが可能になる。この際、売買に利用されるのがStreamr DATA coin (ストリーマー・データ・コイン)である。ネットワークでは暗号化、およびアクセス制御が組み込まれたリアルタイムのデータを入手することもでき、そのデータを利用した強力な分析エンジンとリアルタイムÐappの迅速な開発のために有用なUIが提供されている。データストリーム、スマートコントラクト、および分散コンピューティングリソースは、高水準ビルディングブロックを使用して低コード環境で相互接続でる。 Streamrは、リアルタイムでデータ駆動型の信頼できるブロックチェーンアプリケーションを作成する最も簡単な場所になる。

主な取扱い取引所

・Ethfinex 公式HPはこちら
・gate.io 公式HPはこちら
・HitBTC 登録方法はこちら

StreamrSNS

TwitterGitHub Reddit Telegram Medium Linkedin chatbitcointalkフォーラム

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*