【シンガポールニュース】政府がブロックチェーンのイノベーションを推進

シンガポールは人口わずか560万人の小さな島国であるにもかかわらず、ウェルズ・ファーゴ(サンフランシスコに本店を置く米国で最も支店数が多い銀行)をはじめ、UBS、シティグループ、マスターカードなどの200以上の国際金融機関との研究施設を持つフィンテックの要所となっている。
ビジネスを優遇した環境、革新的なエコシステム、多種多様な人材から、多数の新しいブロックチェーン起業も盛んだ。中央銀行であるシンガポール金融通貨局(MAS)の上級管理職ラビ・メノン氏によると、ブロックチェーン新興企業は50社にものぼる。
さらに、MASは2016年にR3と提携して、金融取引をより安価で弾力性があり、より透明にするブロックチェーン・プロジェクトのProject Ubinを開始した。

※ R3は分散台帳技術を開発する企業である。金融システムにおけるブロックチェーンデータの使用に関する研究と開発において世界最大の金融機関70社以上が参加するコンソーシアムを率いている。

元記事:https://blokt.com/news/singapore-leading-the-way-in-blockchain

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*