【サウジニュース】ブロックチェーンにより送金手数料4億ドル節約?

格付け会社のムーディーズによれば、サウジの移住労働者の送金額の大部分の処理コストは、分散型台帳技術の使用によって50%低下する可能性があるという。
サウジアラビア金融庁は先週、米国のフィンテック会社Rippleと契約して、銀行がブロックチェーンを使って支払いを手伝うパイロットプロジェクトを実施した。
ムーディーズは、国境を越えた取引を完了し管理するコストを10%削減することによっても、システム全体で約2億~4億ドルの節約につながると見積もっている。
中東湾岸協力会議は、UAEのアブダビ国際市場やドバイ国際金融センターなどの金融フリーゾーンを通じ、金融業界の効率性を改善するための技術開発を目指す。

元記事:https://www.thenational.ae/business/saudi-blockchain-pilot-could-save-banks-up-to-400m-per-year-moody-s-says-1.706414

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*