【ロシアニュース】国営ロシア鉄道がスマートコントラクト導入を検討

ロシア鉄道は、貨物輸送業務を支援するためにブロックチェーンを探索していると言われている。同社の関係者は、デジタル金融資産をルーブルあるいは外国通貨と交換する可能性を考慮して、ブロックチェーンに基づいたデータの分散型ストレージを導入する計画だ。
これは、ロシア鉄道との契約の完全な自動化と、仮想通貨を使用した契約条件の実現につながる可能性がある、と付け加えた。ロシア鉄道は、月に5000件のスマートコントラクトを発行する予定だ。また、ロシア鉄道は、現金や電子決済と並んで、仮想通貨による支払いを受け入れることも検討している。仮想通貨は旅行者に匿名性を提供し、旅行計画の機密性を強化する。

元記事:https://coingeek.com/russia-state-owned-railway-turns-crypto-blockchain/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*