【アメリカニュース】第1四半期で最も価値を下げた主要仮想通貨は?

コインマーケットキャップによれば、時価総額ランキングトップ10にランクインしている仮想通貨のうち、リップルは第1四半期においてもっとも悪い結果で終わることになりそうだ。
各国で仮想通貨に関する規制が進んだことや、フェイスブックやグーグルをはじめとする大手企業が仮想通貨関連広告を禁止することを発表したことなどにより、仮想通貨市場は全体的に下落の一途をたどっている。その中でもリップルは特に大きく下落し、最高値からおよそ74%も価値を下げた。
リップルの次に大きく価値を下げたのはビットコインキャッシュで、約66%価値を下げた。

元記事:https://www.cnbc.com/2018/03/29/ripple-is-the-worst-performer-among-major-cryptocurrencies-this-year.html

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*