【米国ニュース】米国郵便公社がブロックチェーンで利用者へ信頼提供

米国郵便公社(USPS)は仮想通貨を支える革新技術の受け入れを望む政府機関のひとつだ。 公開された特許文書に概説されているように、現在、全国の郵送サービスについて、ブロックチェーンを利用したデジタル・トラストの導入を検討している。
米国郵政公社が提出した特許出願は「デジタル・トラスト・アーキテクチャのための方法とシステム」と題され2017年9月に発表された。
現在、十分なセキュリティが存在しないため、郵便システムが利用者に対して適切な信頼を提供していないことが議論されている。例えば、安全でない書簡の送付方法や郵送手続きの改ざんなどは、具体的に言及されている懸念の一部だった。

元記事:https://btcmanager.com/united-states-postal-service-set-use-blockchain-technology-to-backup-data/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*