【インドニュース】ベネズエラの石油購入に仮想通貨の非使用を宣言?

ベネズエラのニコラ・マドゥロ大統領は、インドがベネズエラの石油購入のために仮想通貨ペトロを使用する見返りとして30%の価格引き下げを提案したと伝えられていた。ベネズエラの他の貿易相手国は、ペトロの採用を促進する政府の取り組みの一環として、2018年初頭に同様の提案を受け入れた報告されている。
今週初め、インドのスシュマ・スワラージ外交通商大臣はベネズエラの仮想通貨を使っていない理由について同国中央銀行の最近の仮想通貨の宣言をあげた。
また、スワラジュ大臣は、ペトロを拒否するインドの決定は、ベネズエラ政権に対する最近の米国制裁とは何の関係もないことを指摘した。

※2016年にインドは日本を抜き世界第3位の石油消費大国になっている。同国は石油に関して輸入依存度が85%で、中東への依存度が高いが、価格の安い石油を世界中から受け入れる需要がある。
https://www.scgr.co.jp/report/survey/2016090719414/

元記事:https://dcebrief.com/india-wont-use-venezuelan-petro-for-oil-purchases/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*