【オーストラリアニュース】証券投資委員会が海外ICOを懸念か?

オーストラリアの証券監督当局は、初期コイン・オファリング(ICO)に関する既存のガイドラインを拡張する計画を明らかにした。
シドニーで開かれたフィンテックのイベントで、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)のコミッショナーは、海外の投資家を対象にするICO募金プロジェクトに興味を持つ観客を前に語った。
「ICOにはオーストラリアの企業法と消費者法が適用される可能性がある」
この発言は、ICO時に海外に登録することによって、規制当局の監督を迂回できるという認識を否定するものだ。
ASICは2017年9月にICOの正式なガイダンスを発行し、トークンを金融商品として扱うべきであり、オーストラリアの企業法2001で規制されるべきだと主張している。

元記事:https://www.coindesk.com/australias-securities-watchdog-airs-concerns-about-overseas-icos/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*