【サモアニュース】サモア中央銀行「ワンコイン投資スキーム」を調査

サモアの中央銀行は、「ワンコイン仮想通貨投資計画」の調査を開始した。
不正なねずみ講だと考えられるこのシステムは、インドなど複数の国の調査の対象となっている。サモアの当局者は一般の投資家をターゲットにしていると指摘し、各国の投資家が不正行為を受けているかどうかを調べている。
サモア中央銀行のエナリ氏は、「これは人々のお金を奪うための計画だ。1,000ドルを投資し、4ヶ月後には現金は10倍になると宣伝している」と語った。
地元メディアの報道によると、サモア教会の牧師もこの計画に関与している可能性があるが、どのような立場であるかは明らかではない。

元記事:https://www.coindesk.com/samoas-central-bank-investigates-onecoin-investment-scheme/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*