【日本ニュース】三菱UFJ世界最速ブロックチェーン決済システム発表

三菱UFJ銀行はアカマイ社のブロックチェーンネットワークを利用して、小額決済やソーシャルアプリケーション向けの新しい決済プラットフォームを展開する予定だ。同行によると、2019年の出荷予定のこのプラットフォームのテストでは、毎秒100万件の取引を処理する能力と2秒未満で取引を完了するさせる能力を実証し、1秒間に1,000万件の取引を処理できる可能性もあるという。
同システムはMUFGの仮想通貨資産MUFG Coinの来年の導入で、初めて実地テストを受ける可能性が高い。 日本円に1:1で固定されている同通貨はスマートフォンにダウンロードでき、小額決済、P2P送金、オンラインショッピングに使用される。

※ ブロックチェーン決済サービスがクレジットカード決済と同等の処理能力を持つには現行の1000倍程度の性能向上が必要と言われている。そのため、イーサリアムでは高性能のノードのみで処理を行うシェーディング、ビットコインでは一部をブロックチェーンの外で処理を行うライトニング・ネットワークなどの追加開発が行われている。今回は、米アカマイ・テクノロジーズ社のエッジシステムを活用し利用者に近い部分で処理の多くを行う方式になっている。この方式によりクレジットカード決済システム同等の処理性能が実証されており、今後の普及により弾みがつくと見られる。また、仮想通貨は銀行が円に固定された通貨を発行する形式になっている。これは仮想通貨の投機性と変動が排除された形式なっており安全な反面、投資家、投機家にはまったく魅力のない通貨になっている。

元記事:https://www.finextra.com/newsarticle/32130/mufg-to-roll-out-blockchain-payment-network-next-year

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*