【韓国ニュース続報】韓国金融監督院職員インサイダー取引と朝鮮日報

韓国では、仮想通貨をめぐり未だ混乱が続いている。今度は、韓国金融監督院の職員によるインサイダー取引疑惑だ。
朝鮮日報によると、同職員は、政府による仮想通貨取引の全面禁止、もしくは規制強化に関する声明が出される前に、その情報をもとに仮想通貨売買を行っていた疑惑がある。
韓国金融監督院院長のチェ・ヒュンシク氏は、18日に開かれた会議にてこの事実を確認したことを認めた。これにより、先日の仮想通貨取引の禁止をめぐる騒動などによって、ただでさえ批判を浴びていた韓国政府の立場はより一層苦しいものとなるであろう。
本来であれば汚職に相当する行いだが、国内における仮想通貨の法的位置付けが未だ完全ではないため、このインサイダー取引によって彼らがどのような処分を受けるかは不明である。このため、朝鮮日報は、彼らが「インサイダー取引」ではなく、「内部情報の濫用」の罪で処分されるのではと報じている。

元記事 : https://cointelegraph.com/news/south-korea-govt-officials-accused-of-crypto-insider-trading

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*