【米国ニュース】大手銀行JPモルガン顧客への仮想通貨投資支援開始?

仮想通貨すべての資産規模とおおよそ同じ3840億ドルの市場価値を持つ、米最大の銀行であるJPモルガンのフィンテクとインレジデンス・プログラム(ベンチャー企業を社内に招き入れ共同開発などを行うプログラム)の責任者のオリバー・ハリス氏は、顧客が仮想通貨市場に投資するのに役立つさまざまな戦略を策定するよう命じた。
同行は仮想通貨を既存のビジネスモデルの脅威と認識していると考えられ、同時に、仮想通貨に関与しないでいることが困難になっているため、同行は顧客からの需要を促進するための戦略と商品を準備し始めている。特に、過去1年間に公共市場が大幅に拡大した。
今後は、責任者に任命されたハリス氏が、JPモルガンのブロックチェーンイニシアチブを率い、アナリストや開発者と協力して、長期投資計画を練る予定だ。

※JPモルガンのジェイミー・ディモンCEOは当初仮想通貨を詐欺として非難していた人物としても有名であり、同社が仮想通貨排除から仮想通貨も資産して扱う戦略に転換したことが推測される。

元記事:https://www.ccn.com/dont-tell-jamie-jpmorgan-may-help-its-clients-invest-in-cryptocurrency/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*