【インドネシアニュース】中央銀行仮想通貨の保有、売却、取引を警告

インドネシア中央銀行は、仮想通貨の所有、売買、取引を控えるよう強く求め、仮想通貨に対して堅実な立場をとっている。
インドネシア中央銀行は土曜日の声明で、「仮想通貨を所有することは非常に危険で本質的に投機的だ」と述べた。

仮想通貨は資産バブルを形成しやすく、マネーロンダリングとテロ資金として使用される傾向があるため、金融システムの安定性に影響を与え、公衆を傷つける可能性がある。
仮想通貨の潜在的なリスクを管理しようとする一方で、その使用を禁止する権限はない。 先週、韓国の中央銀行は仮想通貨取引の禁止を呼びかけ、中国は仮想通貨が流通するプロセスであるビットコインの採掘阻止のための提案を発表した。

 

記事元:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-13/indonesia-warns-against-owning-selling-trading-cryptocurrency

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*