【米国ニュース】イランへの経済制裁が国際間決済での米国の力を拡大するか

6月6日英フィナンシャル・タイムズ紙は、トランプ政権が、イランとの取引を行っている企業の制裁を計画していると報じた。米国の制裁の影響を受ける可能性のある企業は、ベルギーを拠点とするSWIFTとして一般に知られている国際銀行間通信協会だ。 1973年に設立されたSWIFTは、世界中の銀行が使用する国際間の送金と決済を提供している。

米国は、SWIFTはイランとの金融取引を中止しなければならず、凍結資産その他の処罰に直面しなければならないと警告している。。

しかし、トランプ政権の要求は本当にイランの制裁だけなのか、それとも、米国が決済市場を征服しようとする試みなのかは今のところ不明だ。

元記事 https://www.wikitribune.com/story/2018/06/12/cryptocurrencies/are-us-demands-on-swift-about-iran-or-digital-supremacy/74094/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*