【香港ニュース】香港とシンガポールはICOの安全な「避難所」?

中国におけるICOの禁止は、資金を調達しようとしているブロックチェーンの新興企業をライバルのアジア地域に送っている。
報告書によると、ブロックチェーンの新興企業は、中国本土やシンガポールよりも自由度が高い香港に集結している。
2018年第1四半期に、ICOを介して世界的に調達された資金の総額は、2017年を上回る63億ドルだった。中国は2017年9月にICO禁止措置を発動し、以来、香港とシンガポールで展開されている取引の数は増加している。香港はICOの主催者と投資家両方と関係を結んでいる。多くの発行者は中国の禁止措置を迂回するために、香港に住所を登録した。一方、シンガポールの人気はまだそれほどでもないが、香港に習って、一大センターにしようという動きがある。

元記事:https://www.ccn.com/hong-kong-and-singapore-on-the-rise-for-ico-listings/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*