【米国ニュース】グーグルが6月より仮想通貨関連広告を全面禁止?

米検索エンジン会社グーグルは今年6月より、仮想通貨関連の広告の掲載を全面的に禁止することを金融サービスポリシーへの掲載で明らかにした。グーグルのこの新しいポリシーにより、仮想通貨、並びにICOや仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット、そして仮想通貨取引に関するアドバイスなどといった関連コンテンツの広告が禁止されることとなる。適応対象はすべてのグーグル広告商品となっており、検索エンジンのみならず第三者のサイト内も対象になる。広告責任者のスコット・スペンサー氏は米放送局CNBCに対し、仮想通貨の未来がどうなるかはわからないが、利用者の多くが損害を被っているため、細心の注意を払ってこれに対応していくと語った。

元記事:https://cointelegraph.com/news/google-to-ban-all-crypto-related-ads-starting-june-2018

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*