【欧州ニュース】英領ジブラルタルが仮想通貨規制と優遇でマルタと競う

英領ジブラルタルは、分散台帳技術(DLT)を使用する企業の規制と優遇措置の最前線に位置している。 2017年10月12日、ジブラルタルはDLT事業を規制し優遇する包括的な新法を導入し、ヨーロッパで初めてこの大胆なステップを踏み出し、ジブラルタル証券取引所の子会社であるジブラルタルブロックチェーンエクスチェンジ(GBX)を開始した。
新法は、2018年1月1日に発効し、1989年金融法に基づく規制の改正として導入されている。
新法はジブラルタル内で広く歓迎されており、同国がDLT事業を理解し、革新を受け入れ、良質の企業を誘致することができる象徴的なメッセージを送るものと見なされている。

※注:英領ジブラルタルおよびマルタ共和国も英連邦、並びにEUに加盟している。今後、英国のEU離脱に伴い仮想通貨を取り巻くジブラルタルおよびマルタ共和国の動向に注意が必要だと思われる。

元記事:https://oracletimes.com/gibraltar-is-the-first-regulated-cryptocurrency-country/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*