【米国ニュース】ジョージア州政府が仮想通貨による納税法案を検討?

多くの米国の州政府が暗号通貨を受け入れ始めている。 間違いなく、これらの州政府は仮想通貨が今後提供することになるであろう財政的利益のいくつかを享受したいと考えている。
これは、仮想通貨の時価総額が書面上では約4440億ドル(約47兆円)と巨大になったためであると理解できる。このように、州政府は技術と革新性に優れていることを示し、仮想通貨経済の恩恵を享受したいと考えている。
ジョージア州では、仮想通貨でも納税を可能とする法案を検討している。ジョージア州は仮想通貨を相互に使用可能ないくつかの州の連盟に加盟しており、上院法案464条が成立すれば、仮想通貨で納税することができるようになる。

元記事:http://bitcoinist.com/georgia-bill-allow-tax-payments-cryptocurrency/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*