【フィンランドニュース】押収した2,000ビットコインの行方は?

ブルームバーグによると、フィンランド当局は2016年に押収した2,000ビットコインを、今月20日に可決された国務省による新しいガイドラインに沿って保管するかどうかを決めかねている。
報道によれば、このようなビットコインを仮想通貨取引所や仮想通貨サービスで保管することが禁じられており、その代わり、オフラインのコールドストレージ上で保管しなければならない。
フィンランド当局は、現在に至るまでどのようにこれらビットコインを保管していたかについて明らかにしていない。
押収された通貨に関する既存の法律では今回のような事例に対処することはできない。なぜならば、フィンランド政府は仮想通貨を通貨として認めておらず、それらを決済手段や投資として認めていないためだ。
押収されたビットコインは今後、公売でユーロへと変換される予定となっている。

元記事:https://cointelegraph.com/news/finland-authorities-unsure-how-to-store-2000-seized-bitcoins-after-treasury-guidelines

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*