【米国ニュース】連邦銀行総裁「ビットコインは通貨として不完全」

現サンフランシスコ連邦銀行総裁であり、次期ニューヨーク連邦銀行総裁の有力候補であるジョン・ウィリアムズ氏は、ビットコインを含む仮想通貨について、あまり期待をしていないとの考えを示した。ウィリアムズ次期総裁は「仮想通貨は通貨としての原則的な要素を兼ね備えていない」と演説した。
演説では、通貨とは価値が保証されている必要があり、またその価値が、変動する経済・金融情勢に連動する必要があると述べた。
それに対し、ビットコインは、2017年に2万ドルを記録したが、現在は8,500ドル前後で推移するなど、価値の変動がきわめて激しいとしてる。また、詐欺やマネーロンダリング、テロへの資金援助に利用されやすいという重大な欠陥を持っているとした。
ウィリアムズ次期総裁は自身のキャリアをほとんど中央銀行で過ごしており、仮想通貨についてきわめて偏見的であると認めながらも、通貨の発行主体は国とその中央銀行であるべきで、仮想通貨は通貨というより、むしろ単なる通貨における技術的な進歩に過ぎないと述べた。

情報元: https://www.cnbc.com/2018/04/20/fed-official-john-williams-doesnt-see-much-of-a-future-for-bitcoin.html

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*