【インドニュース】政府が偽薬排除のためにブロックチェーン活用検討

インド政府のシンクタンクは、同国の慢性的な偽造薬物取り締まりのために、ブロックチェーンの実証実験に取り組んでいると言われている。
インドの国家政策研究所(NITI Aayog)は、2019年の実世界展開に先立ち、年末までに実証実験を完了させることを目指しているという。
世界保健機構(WHO)が発表した2017年の報告書によると、インドで販売されている医薬品の約20%が準標準または偽造品であることが判明している。同レポートはまた、世界中で販売されている模倣品の35%がインド製であり、重要な問題であることを示唆している。
偽薬を減らす1つの方法は、サプライチェーン全体をブロックチェーンに置くことだ。

元記事:https://www.ccn.com/indian-government-turns-to-blockchain-to-crackdown-on-fake-drugs/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*