大企業やメガバンクが認めたイーサリアムのビットコイン以上の可能性!!

時価総額で他の仮想通貨を引き離して2位にランクインしているイーサリアム。実はイーサリアムはシステムであり、仮想通貨の方は正式にはイーサ (ETH) と呼ばれているのです。本記事では、ちょっと混同されがちなイーサリアムとイーサについて解説しています。

 

時価総額は現在2位

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨です。ビットコインに比べると時価総額は大きく引き離されてはいますが、「スマートコントラクト」や「プログラムの自由度が高いプラットフォーム」のようなビットコインにはない特性があります。これらの実用的な将来性が期待されているのです。

厳密にはイーサリアムはシステムを指し、そのネットワーク内で使用出来る仮想通貨がイーサ(Ether、ETH) と呼ばれています。しかしイーサリアムを仮想通貨として捉えている人が多いのが現状です。

 

イーサリアムはシステムとして何を目指している?

イーサリアムでは、「スマートコントラクト」という技術が使用されています。ブロックチェーン上ですべてのビットコイン取引を記録・保存しているビットコインと違い、イーサリアムをシステムとして使うことで契約内容までも保存・実行できるようになっています。これにより、契約内容を自動で実行できる機能も備わっているのです。

これを応用することで、重複しては困る不動産登記のような契約や信頼性が重視される株などの資産に関わる契約をブロックチェーンに記述できるようになるのです。こうなることで、契約が自動化され、契約内容をイーサリアムに記録しておくと約束の期日になったら契約した通りの内容が実行&記録されるのです。

イーサリアムシステムのチカラ

コインだけでなく財産や契約も扱えるようになるということは、イーサリアムというシステム自体に大きな可能性が内包されています。

「プログラムされたことは何でもできる」とはイーサリアム開発者の弁です。何でもできるということはイーサリアムシステムは単なる送金システムの域を軽々と超えていくことになります。イーサリアムに契約としての内容を組み込むことによって、契約がそのプログラム通りに実行され、記録が残るのです。プログラムを実行するためのプラットフォームと言っても過言ではありません。

 

イーサリアムを評価している大手企業やメガバンク

イーサリアムという仕組みを評価し、自社内のシステムに取り入れようとしている大手企業やメガバンクがすでに存在します。プログラムを組み込めば何でもできるイーサリアムシステム。株や信託・不動産登記など単なる契約関連だけでなくこれからのソフトウェアサービスなどにも活かされそうな予感です。

 

・WindowsOSから主軸を転換! マイクロソフト社

2015年11月にマイクロソフト社はAzure(管理用のクラウド サービスの集合体)のプラットフォームにイーサリアムを応用したツールを導入することを発表しました。イーサリアムのスマートコントラクト技術を使ったアプリケーションをユーザーに提供することを目指しています。

Windowsからクラウドへと重点を移行しようとしているマイクロソフト社は、イーサリアムの「プログラムされたことは何でもできる」点に価値を見いだし、難しい知識がなくてもユーザーがスマートコントラクト技術を扱えるサービスを実現したのです。

 

・Enterprise Ethereum Allianceに三菱東京UFJ銀行が加盟

Enterprise Ethereum Alliance (EEA) とはイーサリアムの業界標準仕様を検討・策定する組織です。この組織に三菱東京UFJ銀行が2017年5月に加盟しました。この組織は特定の企業や団体にこだわらず、イーサリアムの技術を様々な面で活用することを目的としています。三菱東京UFJ銀行の他に日本で知名度の高いKDDIやJ.P.Morgan、Toyota Research Instituteも加盟しており、イーサリアムに期待する業界の裾野の広さが窺えます。

 

仮想通貨としてのイーサに需要はある?

「システムとしてのイーサリアムの価値はあることはわかった。仮想通貨としてのイーサに実質的な需要はあるのか?」その疑問はもっともですが、イーサという仮想通貨はイーサリアムシステムの中でサービスの対価として使うことができるのです。

つまり、イーサリアムシステムに対して仮想通貨イーサを与えるとその対価としてサービスが受け取れる、という仕組みになっているのです。イーサリアムシステムが増えれば増えるほど、イーサの需要も増えるというわけです。

 

仮想通貨イーサを取り扱う取引所

日本国内でイーサを取り扱っている取引所は数多くあります。ビットコインを持っている方なら、「自分が使っている取引所でもイーサ扱ってるよ!」と言える方がほとんどでしょう。日本国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer、coincheck、Zaifなどがそろい踏みでイーサ取引の場を開いています。

 

bitFlyer

bitFlyerでは、クレジットカード、イーサリアム販売所やbitFlyer Lightningでイーサが購入できます。クレジットカードとイーサリアム販売所は日本円での購入が可能ですが、高めの値段設定になっているので、bitFlyer Lightningからビットコインでイーサを購入するのがおすすめです。

 

Coincheck

Coincheckは、bitFlyerと違って日本円での購入オンリーです。購入方法はCoincheckのサイトで「ビットコインを買う」をクリックし、表示をビットコインではなくEthereumに切り替えます。数量を指定したら「購入する」ボタンを選択します。Coincheckはイーサリアム取引所なしの販売所のみの取り扱いです。

 

Zaif

Zaifは、取引所で日本円またはビットコインでのイーサの購入が可能です。ここはTREZORの正規代理店でもあり、日本語のTREZOR取扱説明書も提供しています。TREZORはイーサの保管にも対応できる (MyEtherWallet経由ですが) のでまだ持っていない方は購入してみてはいかがでしょうか。

 

ウォレットは何にする?

ビットコインと同じくイーサにもたくさんのウォレットが準備されています。ハードウェアウォレットからブラウザ上で使用するウォレットまで。セキュリティが高いのはやはりハードウェアウォレットですが、気軽に使えるのはブラウザ上のウォレットですね。

おすすめのウォレットをハードウェアとブラウザ上の両面からご紹介します。

 

・重要な部分は日本語対応!『 MyEtherWallet (MEW)』

MyEtherWalletは、無料で使えるオープンソースのウォレットです。クライアント側インターフェースとなっています。MyEtherWalletのページを開くと、注意事項がポップアップで出てくるので、英語ですができれば全部読んでおきましょう。

その内容を要約すると、「MyEtherWallet (MEW) はユーザーが設定した情報を一切関知しないこと」「不安であればMEWではなくLedger Nano STREZORを使うこと」「セキュリティ管理をしっかり行うこと」「フィッシングへの対策を講じること」となっています。

フィッシング対策として、MyEtherWalletの公式ページ (https://www.myetherwallet.com/) をブックマークし、MyEtherWalletを訪問するときは必ずブックマーク経由で行くことと、EALまたはMetaMaskのインストールが推奨されています。

 

※仮想通貨の安全な保管に関してのご紹介

 Virtual Coinfo 
Virtual Coinfo
https://virtualcoinfo.com/%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%81%AE%E3%81%9F
仮想通貨保有者のための情報交換サイト

 

・『Ledger Wallet Ethereum』

Ledger Wallet EthereumはハードウェアウォレットであるLedger Nano SLedger Blueと連動するウォレットです。Google Chromeアプリで、Windows、Mac OS、LinuxやChrome OS上で動作します。上で紹介したMyEtherWalletもイチオシのハードウェアウォレットです。

Ledger Nano S | レッジャーナノSのご購入はこちら

 

・『TREZOR』

TREZORは言わずと知れた仮想通貨のハードウェアウォレットの標準的存在です。MyEtherWalletと連動する方式でイーサリアムを保管します。TREZOR公式サイトの「Wallet」>「Ethereum Wallet」>「Go to MyEtherWallet」と入ってイーサリアムウォレットを開きます。

TRZOR | トレザーのご購入はこちら

 

仮想通貨としてだけでなくシステムとしても期待大のイーサリアム

システムではなく仮想通貨として一般に広く認識されているイーサリアムですが、その内容を見てみると、仮想通貨だけではない奥深さと可能性を感じさせます。将来の契約がイーサリアムの技術を持つものに取って代わると、そのネットワーク上で使われる仮想通貨イーサの価値も上がるでしょう。現に2017年11月現在の時点で1ETH=5万JPYと驚異の躍進力です。イーサリアムを使ったシステムの導入が進めばイーサの価値はまだまだ上がる余地があります。今のうちに少しずつ買いためてみてはいかがでしょうか?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*