【スイスニュース】ツークでブロックチェーン住民投票の実証実験開始

スイスの都市ツークでは、今月下旬に住民がブロックチェーンベースのテスト投票に参加することを可能にする。
小規模の投票は、昨年の11月に開設され、約200人単位の利用者を対象に市の本人確認用eIDシステムを利用する予定である。有権者はアプリをダウンロードしてスマートフォンで登録して投票できる。
この動きは、ブロックチェーンと仮想通貨に対するツークの歓迎的態度のもう一つの例である。 ツークにはすでにいくつかのブロックチェーンの新興企業が在住しており、米国のシリコンバレーに対して「クリプトバレー」という名前が付けられている。ツークでは、仮想通貨によるいくつかのサービスの支払いも受け付けている。

元記事:https://www.swissinfo.ch/eng/system-test_-crypto-valley–zug-to-trial-blockchain-voting/44177440

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*