【イーサリアムニュース】ERC 20のバグで取引所が一時取引停止

数十以上のイーサリアムベースのERC 20スマートコントラクトには、攻撃者が好きなだけ多くのトークンを作成できるバグが含まれていることが判明している。
ブロックチェーンのセキュリティ会社PeckShieldによると、調査している20のトークンは、OKEx、 Poloniex、 Changelly、Quoine、HitBTCに上場されている。
Huobi.Proは、4月25日にすべてのコイン取引を一時停止したと発表したが、それ以降はERC 20ベースのトークンに限定した。Poloniexは調査したあと、ERC 20トークンのサービスを元に戻した。
BeautyChainトークンが4月22日に不正に転送されたのをきっかけに、今回の大掛かりな調査が行なわれる発端になった。

元記事:https://www.coindesk.com/crypto-exchanges-pause-services-over-contract-bugs/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*