【アメリカニュース】商品先物取引委員会が仮想通貨運営者3人を提訴?

アメリカ商品先物取引委員会(CFTC)は詐欺と商品取引法違反の疑いで仮想通貨取引の運営者3人を提訴したことを明らかにした。
3人の被告のうち1人は、仮想通貨取引やその他サービスを提供すると話し、顧客の出資金を横領していた。
もう1人はネズミ講の疑いがかけられており、集めた資金をビットコインに投資し運用すると約束し、昨年4月から現在までに600人以上もの投資家たちから110万ドルを集めていた。
3人目の被告の容疑については未だ何も明かされていない。今回の提訴は、昨年12月にCFTCがビットコイン上場を容認してから初めての事例である。
仮想通貨の取り扱いによって生じるリスクをどのように評価していくかについて、現在世界的に話し合いが進められている。韓国や日本、中国では仮想通貨取引に関する取り締まり強化が進められている中、フランスとドイツは3月に開かれるG20のサミットにて、ビットコイン規制強化についての共同提案を行う予定である。

元記事:https://www.google.co.jp/amp/mobile.reuters.com/article/amp/idUSKBN1F81K9
https://news.bitcoin.com/us-regulator-sues-companies-cryptocurrency-fraud/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*