アプリで簡単!! 仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)

「コインチェックが人気の理由」

仮想通貨取引所として国内最大手にまで成長したコインチェックがここまで人気なのはいくつか理由があります。初めて仮想通貨を購入しようと考えている人は、セキュリティーはしっかりしているのか、手数料はどれくらいなのか、ビットコイン以外に何があるのかが初心者には気になるところです。

 

<スマートフォンからでも簡単に取引ができる>

何と言っても初心者にもわかりやく、シンプルなデザインで構成されています。スマートフォンにアプリをダウンロードすれば、チャート確認、仮想通貨の売買、円の入金、資産チェックなどが簡単にできます。

 

<24時間対応>

コインチェックは24時間取引が可能です。いつでもどこでも仮想通貨の取引ができるので便利です。

 

<取り扱いある仮想通貨の数>

コインチェックでは取り扱っている仮想通貨の数が他の取引所よりダントツで多いです。多くの取引所はビットコインだけだったり、ビットコインとイーサリアムというように1~3種類ぐらいですが、コインチェックでは13種類の仮想通貨を扱っています。

 

ビットコイン【BTC】、イーサリアム【ETH】、イーサリアムクラシック【ETC】、リスク【LSK】、

ライトコイン【LTC】、ファクトム【FCT】、モネロ【XMR】、オーガー【REP】、リップル【XRP】、ジーキャッシュ【ZEC】、ネム【XEM】、ビットコインキャッシュ【BCC】

 

<取引手数料無料>

日本円の振込手数料はユーザー負担になりますが、取引所でのビットコインの売買手数料は無料です。また、ビットコインを日本円に換金し、銀行に出金する際の手数料は400円です。

 

<登録が簡単>

アプリをダウンロードすればスマートフォンから登録ができます。登録は10秒と謳われているように、フェイスブックで登録なら入力を省いて10秒で登録できます。

本人提出書類は、本人の顔写真が一緒になっている書類を提出すれば完了です。パスポートや運転免許証または特別永住者証明書などのいずれか1点になります。

 

<クレジットカードでコインが買える>

多くの取引所に日本円を振込をすることが多いのですが、コインチェックではクレジットカードでコインが買えるので振込しに行く手間も振込手数料もかからないので、大変便利です。またクレジットカードのポイントも溜まります。

 

「コインチェックのセキュリティについて」

登録は簡単ではあるけど、セキュリティー面は大丈夫なのだろうかと思われるかもしれません。多くの取引所では2段階認証を推薦しています。また不正アクセスで仮想通貨が盗まれた場合、保証される条件として2段階認証を行ってるか項目に入っている場合もあります。

・フェイスブック登録しない・できない場合。携帯電話番号へのSMS認証を利用して、本人であるかを確認。

・IDセルフィーという本人確認手段を採用。顔写真付きの本人確認資料と、本人の顔がひとつの画像の中に収まるように撮影、オンラインで提出。

・自動タイムアウト、一定時間何も操作がなかった場合、自動的にログアウト。

・グーグル社が提供する認証アプリによる2段階認証を採用。

・ユーザーの預り金は経営資金とは完全に分離して管理しています。預り金を会社の資金として運営に用いられることは決してありません。

 

 

もし悪意のある第三者から不正アクセスがあった場合、2段階認証が最後の砦となる大切なものです。設定を推薦します。

 

【コインチェックのアカウント作成】

①スマートフォンからでもパソコンからでもいいので、コインチェックのホームページにアクセスします。

②ユーザー登録画面になるので、メールアドレス入力とパスワードを設定します。

この時、フェイスブックを持っている人は「10秒で登録完了」です。

 

③チェックコインからアドレス確認メールが届くので、メールを確認します。

④届いているメールを開くと「E-mailの確認のお願い」という内容がありますので、「以下のリンクをクリックしてメールアドレスを確認してください」の文の下に確認用アドレスが載っているので、クリックします。

 

⑤確認用アドレスをクリックすると別画面が開きます。コインチェックの取引所画面が表示され、これでアカウント登録は完了です。

 

「日本円の入金の仕方」

①日本円を入金するには、あらかじめ電話番号の登録が必要です。日本円を入金するをクリックすると、自動的に電話番号の登録画面が出てきます。

 

②今現在使っている携帯電話の番号を入力して送信ボタンを押すと、携帯電話にSMSメールが届くので、届いたメールに記載されている認証コードを6桁入力し、「承認する」ボタンをクリックして完了です。

 

③次に、「金額を指定して購入する」の画面になるので日本円の金額を入力します。

④入力した日本円に対して、どれくらいのビットコインが購入できるか表示されます。よければ購入するボタンをクリックします。振込先の口座情報が表示されるので、振込を行います。(この時点では、まだコインを購入していません)

 

⑤入金の確認がされると、上タブの「入出金」をクリックすると、振込んだ額の日本円が表示されています。これでコインが買えるようになります。

 

「仮想通貨を購入する」

①「コインを買う」をクリックすると、ビットコインを含めたいくつかの仮想通貨が表示されていますので、例えばビットコインをクリックすると緑色に表示されます。

 

②下にいくと、仮想通貨の数量を入力する欄があるので、入力します。例えば0.1BTCと入力すると、その下に、0.1BTCに対しての購入時のレートが表示されます。合計欄に、手数料を含めた料金が表示されます。(また手数料に関しては、仮想通貨の消費税は2017年7月より無料になったのでご確認ください)

③念のため入力した金額を確認してから、最後に「購入する」ボタンをクリックして完了です。

 

「クレジットカードで購入する」

クレジットカードで購入する場合も「電話番号認証」が必要です。ただし、購入したコインを送金したり、日本円に換金する場合は、クレジット決済でビットコインを購入してから1週間以上経過している必要があります。

①電話番号承認が完了すると、「クレジットカードで購入する」画面が表示されます。

最小の金額は5,000円からです。最高は100万円までです。

 

②料金設定がいくつかされているのでその中から選びます。選ぶと下に、合計金額と購入時点のレートが表示され、よければ「購入する」をクリックします。

 

③次のページでクレジットカード情報を入力するページになるので、入力して完了です。

 

「仮想通貨を売る」

①仮想通貨を売って日本円にしたい場合は、まず売りたい仮想通貨を選びます。

②数量には、仮想通貨の数量を入力します。(ビットコインの最低注文量は0.005BTC)

③合計には、取引手数料を引いた日本円の合計金額が表示されます。

④それでよければ、最後に「売却する」をクリックします。

ほぼ「コインを買う」と似たような画面で操作します。シンブルなデザインで構成された画面なので、初心者でも分かりやすくできています。

 

「日本円を出金する」

仮想通貨を換金した日本円を、今度は自分の口座に移動させたい場合です。

①ホーム画面の左サイドバーの「日本円を出金する」をクリックします。

②この作業にも防犯として「電話番号認証」があり作業が完了すると、「振込先の口座を選択してください」と表示されるので、もし登録がなかった場合は「新しい口座を登録する」をクリックします。

③振込先の口座を選択する画面になります。日本国内か海外送金かを選んでから下の銀行名から、口座名義まで入力します。最後に、「登録する」をクリックします。

④登録すると、日本円の出金手続に入ります。入力した口座名などが表示されるので、よければ「この口座に振り込む」をクリックします。

⑤次に、いくら振り込むか入力する画面に移ります。「出金額」を入力したら「出金申請をする」をクリックして完了です。

約1~2営業日前後で口座に振り込まれます。また高速出金もできますが、手数料が400円から756円に上がります。

 

【まとめ】

コインチェックはスマートフォンに対応したアプリがあり、簡素でシンプルなデザインになっているので、初心者でも容易に取引ができます。今回は主にビットコインで説明しましたが、アルトコインでもやり方は同じです。またアプリならアルトコインのチャートも簡単に確認できます。初めての仮想通貨の売買、投資をしようと考えている方はコインチェックにまずは登録してみましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*