【米国ニュース】コカ・コーラと国務省が強制労働問題に取り組む?

ロイター通信によると、米国務省と米コカ・コーラ社他3社がブロックチェーン技術を利用したプロジェクトを開始し、強制労働問題への取組みを表明した。
国際労働機関によると、世界では約2,500万人が強制労働で働いており、そのうち47%はアジア太平洋地域の労働者だ。食品業界は、強制労働のリスクに対処することが求められている。
ノーテル・チェイン(KTC)の昨年発表された調査によると、ほとんどの食品・飲料会社はこの問題への解決努力が不足している。
コカ・コーラ社は、2020年までに砂糖のサプライチェーン全体において児童労働、強制労働、土地権利に関する28カ国の調査実施を約束している。

元記事:http://www.euronews.com/2018/03/16/coca-cola-us-state-dept-to-use-blockchain-to-combat-forced-labour

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*