【米国ニュース】米政府が調達迅速化のためにブロックチェーンを検討

2017年後半に、米国政府が必要とする全ての汎用品の調達を行う共通役務庁(GSA)は、特急調達を加速するために、仮想通貨で用いられるブロックチェーン技術の採用を検討し始めた。現在、特急調達は、政府が34日以内に調達元との契約を結ぶのに役立つように設計されているが、GSAはブロックチェーンがその期間を大幅に短縮できると考えている。
ブロックチェーンは、調達プロセスの異なるポイント間のより効果的なコミュニケーションのためのメカニズムを作り出す。そうすることで、調達プロセスを加速することができる。
ブロックチェーンは、政府機関が迅速な調達の解決策を獲得することに真に革命をもたらす可能性を秘めている。

元記事:http://americancityandcounty.com/government-procurement/blockchain-path-unblocking-government-procurement-processes

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*