【米国便り】ブロックチェーンは誇大妄想なのか? それとも現実なのか?

ブロックチェーンの流行は無視できないレベルに達しているが、その支持者はまだ何も実現していないと言う。

支持者が説明するブロックチェーンを応用した社会変革は、インターネット革命を取るに足りないものにすると主張する。
一方、批評家は、あまりにも多くの人々がブロックチェーンの誇大広告を真に受けていると主張する。ブロックチェーンは仮想通貨以外では新しいプレゼンソフトより少し上程度だと言われている。
現実はそれらの間にある。
業界のさまざまな実証が誇大宣伝を脱して実現し始めている。エストニアはブロックチェーン国家としての地位を確立しており、ブロックチェーンに基づいたあらゆるもののデジタル化に取り組んでいる。

 

記事元:https://semiengineering.com/blockchain-hype-reality-and-opportunities/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*