【アジア便り】仮想通貨はアジアの中央集権的政府を脅かすのか?

アジア各国が仮想通貨にどのようにアプローチするかは、この地域の地政学にとってますます重要になるだろう。
国家は軍事的に強くなり、デジタル技術による到達範囲は決して高くはないが、個人主義の浸透した新しい時代であり、市民権の概念が希薄化された真にグローバル化した経済になっている。
仮想通貨の分権化された性質によって、政府がこれを規制することは困難だ。一部のアジアの政府は暗号革命を不安要素として見ている。 仮想通貨の台頭は伝統的な金銭通貨の潜在的な代替手段であるだけでなく、やがて国家経済を支配する政府の能力に挑戦する可能性がある。この点で、中国と日本の立場の違いはますます広がっている。

 

記事元:https://www.asiasentinel.com/econ-business/asia-cryptocurrency-faultlines-bitcoin/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*