【北朝鮮便り】北朝鮮政府のハッカーたちが仮想通貨の強奪に関与か?

韓国の情報機関は、北朝鮮政府のハッカーたちが仮想通貨交換に対する攻撃に関与している疑いがあると考えている。
BBCの報道によると、国家情報院は、Bithumbの従業員の家庭用コンピュータに対する攻撃が北朝鮮によって行われた証拠を、検察官に提出した。
2017年7月にデータが漏洩し、未知数の預金口座から資金が収奪されたと初めて報告された。
その後、約30億人の個人情報とともに、約76億ウォン(699万ドル)の暗号化された通貨が盗れたことが明らかになった。 ハッカーたちは、流出した情報の破棄と引き換えに60億ウォン(約550万ドル)の身代金を要求していると述べている。
調査は現在進行中である。

記事元:https://www.coindesk.com/north-korea-suspected-crypto-exchange-attacks/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*