ビットコインからの分裂なら安心? ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した通貨でこの2つの通貨は密接に結びついており、ビットコインキャッシュは価格上昇を続けています。
ビットコインから分裂騒動の原因を理解すれば、自然にビットコインキャッシュの特徴を掴むことができるかと思います。将来性を見て購入した方が良いのか解説していきます。

 

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは2017年の8月1日に元のビットコインから分裂して誕生したものです。既に保有しているビットコインの数量分のビットコインキャッシュがユーザーに配布されました。

・なぜビットコインキャッシュが登場したのか

ビットコインキャッシュが登場した要因は、ビットコインがハードフォーク(分裂)のアップデートを行ったからです。
仮想通貨がアップデートをされる際に、ハードフォークとソフトフォークと呼ばれる2つのアップデートのうち、どちらが適用されます。ソフトフォークは現在の旧仕様のまま互換性のあるアップデートを行います。一方、ハードフォークのアップデートとは、現仕様の機能を適用ができない互換性無しのアップデートのことを言います。
従って、互換性のある既存仕様と互換性のない新仕様が誕生するので、2つの通貨に分裂します。
イーサリアムから分裂したイーサリアムクラシックもハードフォークが行われ、生まれたものです。
分裂する前はビットコインとビットコインキャッシュは1つの存在でしたが、問題を解決する為にハードフォークが行われました。

・ビットコインのスケーラビリティ問題とは

ビットコインのスケーラビリティ問題とは取引量増加に伴い、取引処理スピードが落ちてしまったり、処理に長時間かかってしまったりすることを言います。
ビットコインのユーザー取引量は日々増加しています。それによりビットコインの取引処理スピードが落ちていました。それに伴って手数料の価格高騰やビットコインを使ってお店で決済する際も時間がかかってしまう不具合が発生しました。
ビットコインは取引スピードの遅延を解決する為に大きく2つに分けて改善することができます。それが「取引データの圧縮」と「記憶容量の拡大」です。
ビットコインは「Segwit」と呼ばれる取引データの圧縮をしてスピードを速くする方法で問題を解決されるはずでした。これを導入すると分裂することなくビットコインをアップデートすることができます。
しかし、このSegwitを導入すると一部マイナーがマイニングをする為の技術が使えなくなるというので、マイナーによるSegwit導入賛成派と導入反対派で対立ができました。

 

・ビットコイン・アンリミテッドとビットコインコアによる対立

「Segwit」を導入することでそのままのビットコインの機能を引き継いだまま互換性のあるアップデートのことをソフトフォークといいます。前述したソフトフォークを実施してしまうと今までマイニングをしていた人達の一部に多大な影響を与えるということから、反対派グループのビットコイン・アンリミテッドとソフトフォーク推進派のグループのビットコインコアとの対立ができました。
そこで、「Segwit2X」という両者が合意できる提案が掲げられました。それはブロックサイズを2倍にするハードフォーク案です。これを導入すると、Segwitに対応していても、非対応でも処理スピードが上がるというものでした。
しかし、ハードフォークは互換性がないので、新規のブロックチェーンと既存のブロックチェーンに分かれることになります。つまりビットコインが2つできるという事です。
しかし、一部のマイニングをする為の技術が使えなくなるというので、新たにもう1つ別のSegwit反対派が登場し、「Segwit2X」が実装されることはなくビットコインキャッシュが誕生しました。
大きく反対をしていたのは中国の最大手のマイニングプールであるBitmain社だったことがわかっています。

 

・ビットコインキャッシュ使い道

今のところビットコインキャッシュの使い道はあまりないです。東京在住の方であればいくつか使える場所があります。

銀座沼津港 (寿司屋)

代官山O’KOK(カジュアルイタリアン)

CAFE DE PERIE (ワインバー)

Ai (スナックラウンジ/ウイスキーバー)

Two Dogs(クラフトビール、ピザ)

organic hair salon feline(ヘアサロン)

Blanca(ジュエリー)

上記がビットコインキャッシュで決済できるお店ですが、全て東京にあるお店ですので遠方に住んでいる場合は厳しいでしょう。今のところは投資として扱うのが現実的でしょう。

 

・ビットコインキャッシュの購入できる取引所

ビットコインキャッシュを購入できる国内取引所はZaifビットフライヤーコインチェックとなります。オススメは手数料が安いZaifです。他の2つよりも安く割安で購入できる可能性が高いです。Zaifは取引手数料をマイナスで行っていたり、取引手数料を無料で実施していたりするので安く購入することができます。

 

 

・ビットコインキャッシュの特徴

一方、ビットコインキャッシュはブロックサイズの拡張「記憶容量の拡大」を行いました。これにより分裂する前のデータの処理容量が1MBから8MBに上がりました。ですから今までのビットコインよりも取引スピードやトランザクション性能が良くなりました。ビットコインのスケーラビリティの改善をしたのがビットコインキャッシュの特徴です。

 

ビットコインキャッシュ将来性は?

現在のビットコインキャッシュは18万円まで伸びており、着々と上昇傾向にあります。チャートを見てわかるように11月に入り、かなり上がっています。上がった要因として考えられるのはいくつかあります。
1つめは、ビットコインのマイニングをしている人達が一度に大量にビットコインキャッシュへ流れてしまいビットコインの送金承認待ち状態が10万件以上超過する事態となったことです。これにより、ビットコイン価格は暴落し、ビットコインキャッシュの価格は上昇となりました。
2つめに、ビットコインに代わってビットコインキャッシュをメインの通貨にしようという情報が流れたため、多くのビットコインユーザーがビットコインキャッシュに移動したからです。
ビットコインキャッシュの将来性としては、不安定要素が多く、予想しにくいというのが現状です。2019年の夏季にビットコインキャッシュのブロックをさらに拡大する計画があり多少値動きはするかと思いますが、実際そこからどのように変わるかは検討がつきません。
日常生活でもまだ利用できる範囲は限られていますし、ビットコインキャッシュの購入はもう少し様子をみても良いかと思います。

 

ビットコインから分裂のブーム

ビットコインキャッシュのようにここ最近で、ビットコイン分裂騒動で仮想通貨市場の動きがかなり激しくなってきています。
今回紹介したビットコインキャッシュ以外にもビットコインから派生したビットコインゴールドやこれから分裂予定のビットコインシルバー、ビットコインキャッシュプラス、ビットコインダイヤモンド、スーパービットコイン等他にも多くの通貨が2017年中、または来年以降にビットコインから分裂する予定です。
これによりさらにビットコインの値動きは活発になりますし、ビットコインキャッシュの価格も頻繁に上下を繰り返すことが予想されます。

 

ビットコインキャッシュはあまり期待できない

今回はビットコインキャッシュが登場したところから将来性について解説していきました。一時的にビットコインキャッシュの価格は上昇していくかと考えていますが、まだ不安定要素が多くそれに投資するリスクの方が高いので、私としてはビットコインキャッシュには投資する可能性はかなり低いでしょう。
特筆すべき点が、中国の大手マイニングプールにビットコインの価格を操作されていることも懸念されているので、非常に手を出しにくいところです。それを受けてビットコインキャッシュも同様に価格操作が今後考えられます。
しかし、ビットコインからビットコインキャッシュの方に移動する投資家も結構多いようです。ぜひ、購入する際はご参考ください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*