今更聞けないビットコインに投資するメリット・デメリットはなんだ?

 ビットコインの生い立ちを知る

ビットコインは2008年にサトシナカモトという人物が「P2P電子マネーシステム」という論文を、ある専門的な投稿サイトにて公開したことで議論となり、実現化させるために世界中の技術者たちよりブロックチェーンの礎を築きました。
10分間に1回、暗号化された取引を解読をするマイニングも同時にスタートしました。最初は、経済活動をしていく通貨として生まれたわけではなく、仮想通貨として機能するのかどうか検証していく取り組みでした。
これによりビットコインというものは「面白い」「これから伸びていくのではないか」とチャンスを見出した人たちが、マイニングに参加したり、また資産分散として長期的な投資として利用されてきたことでここまで成長し、価格も上がったと言えます。

 

どこの国家にも属さない通貨のメリット

仮想通貨はネット上に存在している通貨で、何処かの国が発行したものではありません。国を属さないので、銀行などの仲介組織を必要としません。そのため仮想通貨には主に下記のようなメリットがあります。

・銀行を介さずに、個人間で送金ができる
・取引手数料がとても安い
・価格が上がれば、資産が増える
・自国の通貨の信用が落ちても、仮想通貨に変えておくことで資産を守れる

ビットコインは、国で作られた法定通貨のように、中央機関には依存していません。そのため中央機関が供給量を任意に変動させて価格をコントロールするようなことはありません。
ビットコインの需要と供給のバランスは予めプログラミングされ、ビットコイン自身が価格をコントロールするようにできています。人の手では変えることができないようになっています。
例えば、国家の通貨は財政破たんになってしまえば、国家の信用が落ちて、国の通貨の価値も失われてしまいます。一万円札が極端に言うと、一円の価値しかなくなるようなものです。ビットコインでは国に属さないので、それがありません。
日本円に価値がなくなる事態は今のところありませんが、スマホは持っていても銀行口座はほとんどの人が持っていない国であったり、自国の通貨に信用がない国ではビットコインの需要が急激に伸びています。

 

ビットコインは送金手数料が安い

ビットコインやアルトコインは取引所間での手数料は、銀行間の振込手数料に比べるとかなり安くなっています。しかも土日関係なく365日いつでも送金することができます。
例えば、国外へ出稼ぎに行っている場合、現地の給料を家族がいる国へ送金しようとすると手数料もかかり、手続きにも時間がかかります。それを一旦、給料を取引所に入金してビットコインに変え、海外の取引所に送金することで短時間で格安で送ることができます。
取引所によって送金手数料が違ってきます。早く送金したい場合は手数料を上乗せする方法もあります。現在は世界的にマイニングが追いつかず、10〜20分以上に時間がかかる場合があります。それでも土日や夜間を気にする必要はありません。

 

現在のビットコインは投資・資金調達として注目されている

ビットコインの発行上限枚数は2100万枚と決まっています。2009年に初めてビットコインが価値化されてから約10分ごとに発行され続け、2140年頃に2100万BTC全てが発行されると言われています。
しかし、まだビットコインがここまで有名ではなかった初期に、マイニングやなんとなく購入してみた当時のユーザーの中には、紛失してしまったケースが多く、約20万枚が行方不明と言われています。
つまりこれは何を意味しているのかというと、それだけ流通量が設定していた数より少ないということです。ますます希少性が高くなります。欲しい人が増えれば増えるほど価格も上がっていくでしょう。
このように発行上限枚数があることで、ビットコインの希少価値は上がるように設計されています。ビットコインの価格は2017年5月から急上昇を始めました。2016年の11月は1BTC12月はいよいよ10万円突破という価格でした。それが2017年12月に入り、ついに1BTC=200万円を突破しました。
日本国内ではビットコインは支払い目的というより、投機目的で購入するユーザーが圧倒時です。ここ最近は個人投資家だけでなく、企業が資金調達としてビットコインを集め始めるなどで、価格はさらに高騰し始めているのです。

 

ビットコインは所有しているだけで資産を増やせる

2017年7月、ビットコインの半減期がくると言われた時、または11月の分裂前には、一気にビットコインが価格が上昇しました。何かしらのイベントの前は、そうやって価格が急上昇する傾向があります。情報をこまめに調べておき、上がる前に購入することで大きな利益を得ることもできます。
だからといって「上がりきってから購入するのは損だ」と思う必要もありません。また大きく下がったからといって「これ以上、下がってから売るよりはマシだ」と思い先走りするのは良くありません。何度か大きく下がっても、結局、ビットコインは上がり続けています。
最近はビットコインのトランザクションがなかなか承認されず、手数料を課金したことでやっと早く送金されたなど言われています。それでもビットコインの価格が上がる理由には、やはりビットコインを必要としている人たちがいるからです。
「短期間で一気に稼ぐ方法」「長期間でコツコツ稼ぐ方法」少し前はこのような投資の仕方もありました。ですが2017年12月に1BTC=200万円を越えると、ただ持っているだけで価格はどんどん上がっていきます。下がる時はビットコインに信用がなくなり、需要がなくなった時です。

 

ビットコインのデメリット

ビットコインが急激に普及したことで、マイニング(取引の承認作業)が追いつかず、送金に時間がかかる傾向にあります。またマイニングに参入した会社も電気代が膨大であったり、暗号の難易度が上がり、ライバルも多くなったことで運営が厳しくなり辞退する企業も少なくはありません。現在ではマイニングできるマイナーが決まってきていると言われています。
それと同時に、一気に普及したことでビットコインの取引処理能力(スケーラビリティ)が問題になっており、未処理のトランザクションが滞留し取引の遅延が発生するようになっています。これに関しては数年前より、ビットコインのコミュニティーサイト内でも解決策が模索され、8月にビットキャッシュ、10月にビットゴールドが分岐しました。

 

ビットコイン投資しで初心者が気をつけるポイント

仮想通貨は国のお金ではないので価格が上がっているからといって、よく分からずに使うのは安易です。仮想通貨の仕組みが分かった上で購入したり、使ったりすることが懸命です。
またビットコインは相場が日々変動します。「昨日より安くなってる」なんてことはよくあります。そこで、慌て売るのはおすすめしません。
さらにビットコインで気をつけなければならないのが詐欺です。ビットコインや他の仮想通貨を使った詐欺被害は年々増加しています。「この案件に参加し、ビットコインに投資した分の1%が毎日入ってきます」「今ビットコインに投資することで毎日◯万円入ってくる」など、極端な高配当には要注意です。
詐欺だけでなく、ハッカーにも気をつける必要があります。仮想通貨はネット上にあるのでどうしてもハッカーに狙われやすい環境下にあります。取引所でも防衛はしていますが、完璧ではありません。楽だからと、取引所のパスワードを記憶させておくのは危険です。
またどこの取引所も2段階認証を推薦していますし、不正ログインされ盗まれた場合、2段階認証をしていなかったユーザーに対する保証はしていない場合があります。
一番安全なのは、購入した仮想通貨を外部機器に移して、オフラインにして保管することです。アマゾンからでも購入ができます。他にもビットコインなら「Bitcoin Wallet」という専用のウォレットがあります。そういったところに移すなどして、自らも資産を守っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*