各国政府を悩ます年金問題を解決するICO企業がブラジルで誕生?

世界中で高齢化が進行しており、年金の受給開始年齢がどんどん高くなる傾向にあります。社会保障の問題として各国政府が頭を抱えている年金問題を解決すべく、ブラジルのICO企業が新しい取り組みを始めました。

非効率な行政による年金手続きではなく、スマートコントラクトを活用した新たな年金のプラットフォームを紹介します。

 

非効率な手続きが多い年金行政

最近は年金に関する話題があまりありませんが、与党が議員年金の復活を協議するというニュースが出ていました。

国会議員や地方議員のなり手が減っており、議員年金を復活させることで優秀な人材に政治の場に来てもらおうという意図のようですが、すでにさまざまなところから疑問の声があがっています。

私は現在、仮想通貨評論家として仮想通貨関連の記事やICOの分析報告などを執筆しており、自営業者として生計を立てています。

以前は外資系金融機関で働いていたため、厚生年金に入っていましたが、今は国民年金に加入しており、保険料の請求書が役所から送られてきて、それを毎月コンビニエンス・ストアで支払うという手続きを行っています。

会社員の場合、厚生年金は毎月の給料から天引きされているため、何か特別な作業を行う必要はありません。

しかしながら、私のような自営業者の場合、支払い手続きを行うために毎月コンビニエンス・ストアに行かなければなりません。

この一連の作業は非効率であり、すべてをオンラインで手続きすれば、年金の保険料はもっと安くなるのではないかと感じています。

過去の記事で、電子政府化を進めているエストニアの事例を紹介しましたが、日本政府も本腰を入れて、行政手続きのオンライン化を推し進める時が来ているのかもしれません。

 

 

スマートコントラクトで年金手続きを自動化できる

今回紹介するICO企業である「Auctus Project」は、世界中の人たちにスマートコントラクトで年金サービスを提供しようとしている珍しい会社です。

私は仮想通貨評論家として、これまで400以上のICO企業を分析してきましたが、年金サービスを展開している会社に遭遇したのはAuctus Projectが初めてです。

Auctus Projectは、現在の各国政府が行っている年金行政について「非効率で時代遅れなプロセス」と厳しく非難しています。

また、年金資金が不正に流用されたり、受給者の個人情報が漏洩するなどの問題が世界中で頻発しており、スマートコントラクトを活用することによって、現在の年金制度が抱えている問題を解決できるともウェブサイト上で説明しています。

スマートコントラクトによって、Auctus Projectの利用者はすべての手続きをオンラインで行うことができ、役所に行って長時間待たされたり、紙の書類を準備したりする必要がなくなります。

 

グローバルに年金サービスを展開できるのか?

Auctus Projectはブラジルで登記されている企業であり、2017年11月にICOを完了し、既に資金調達を終えています。

ICOで調達した資金を使い、Auctus Projectは2018年から運用を開始する予定であるとウェブサイト上で説明しており、今後グローバルに年金サービスを展開することになっています。

ただ、年金業務は各国政府が管轄しており、日本のように年金財政の半分が税金でまかなわれている国もあります。

Auctus ProjectはICO企業であり、当然ながら政府からの助成金を受けることができず、自分で運用資金を調達し、十分なパフォーマンスを実現できるような投資を行って、保険料を支払っている利用者に年金の形で支給する必要があります。

シンガポールや中東などの国では、民間から優秀な投資担当者を採用し、政府系ファンドとして年金資金を運用しています。

Auctus Projectはこれらの政府系ファンドとも競争しながら、年金サービスを提供するICO企業として、利用者から高い信頼を獲得しなければならないのです。

私の場合、一時期ニューヨークで働いていたことがあり、アメリカでも年金の保険料を支払っていたため、将来的にはアメリカ政府からも年金を受け取れることになっています。

アメリカと日本の両政府から年金を受け取る資格があるのですが、アメリカと日本の年金制度は別であるため、2つの政府から年金を受け取るために似たような手続きを二重で処理する必要があります。

Auctus Projectであれば、私のようなケースは発生せず、世界中どこに住んでいてもオンラインで年金手続きが可能であり、いろいろな役所にいって面倒な手続きをする必要がありません。

政府が提供している年金と同じように、Auctus Projectが利用者から信頼されるかは未知数ですが、新しい取り組みとして今後も注目していきたいプロジェクトの一つになっています。

 

Auctus Projectホームページ:https://auctus.org/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*