今噂のBinance取引所の登録方法から入出金方法まで徹底解説!

昨年、開設から半年で多くのユーザーを獲得し、その地位を確立してきたBinanceという取引所をご存知ですか?
Binanceは2017年の7月に中国で誕生してから破竹の勢いでユーザー数を上昇させた大手取引所です。

 

Binanceの大きな2つの魅力

半年間で大手企業と並ぶほどのユーザー数を獲得したのですから、Binanceには多くの魅力があります。手数料が安かったり、セキュリティーがしっかりしていることはもちろんですが、大きな2つの魅力があるからだと筆者は考えています。

・ビットコインからハードフォークされたコインを取得できる
通常ビットコインからハードフォークが行われた後に誕生する新たなコインをユーザに付与するかの対応はその取引所など預け先によって変わります。が、即座に付与する場所は稀です。
そんな中、Binanceにビットコインを預けておけばハードフォークされたコインを手に入れられるという話が広がればユーザーにとって大きなメリットになるのは当然でしょう。

・夢のある草コインが多い
Binanceでは90種類以上の仮想通貨を取引することが可能で、日本の取引所と比べてもその数は歴然としています。上場している仮想通貨の中には一年間で何十倍になるような草コインも多く存在し、草コインをトレードするためにBinanceに登録する人も多いのではと思っています。

◇Binance公式ホームページはこちら(※GoogleChromeか360Browserで登録ください)

 

Binanceへの登録方法をまとめてご紹介!

今回はその登録方法などをまとめてみました。今回の記事に記載されているサマリーは以下の通りです。

・Binanceへの登録方法
・2段階認証の設定方法
・本人登録方法
・Binanceでの取引方法
・BInanceへの入出金方法

これから紹介して行くBinance情報の流れですが、実際にこれから新たに使用することを前提に登録→入金→取引→日本円出金、までの流れでご紹介していきます。

※GoogleChromeか360Browserで登録ください。

◇Binance公式ホームページはこちら

 

・Binanceへの登録方法

1.Binanceのトップ画面に入ると画面右上に”Register”という場所があるので、そこから登録を始めます。ちなみに”Register”右横のイギリスの国旗の部分をクリックすると日本語にサイトを表示変更できるので、言語を変更しておきましょう。その後の手続きが非常に楽になります。

2.次に、”Register”画面にて

a),メールアドレス b),パスワード c),チェックマークを入れて”Register”ボタンを押します。

3.すると、次に認証のために下のような画面が表示されます。赤いサークル部分にパズルのマークのような物が出るので、丁度マークが重なるようにスライドさせます。

4.すると、登録したメールアドレスにBinanceからメッセージか来るので確認してください。届いたメッセージから赤枠の”Verify Email”を押すと認証が完了し、自分のアカウントが作成されます。

・2段階認証の設定

Binanceでは、登録が完了し、最初のログインの時点でトップ画面に2段階認証の設定を強く勧めてきます。これは、自身のアカウントを比較的強力に守ることができる認証方法のため必ず設定しましょう。

1.ログイン後に下の画像の様な警告文が出ますが、左側の”Google Auth”を選択してください。
この手順を飛ばすには画面右下の”Skip for now”をクリックすれば可能ですが、自分の資産を守るためにも2段階認証を行うことを強くお勧めします。

2.”Google Auth”をクリックすると下の様な画面が出るので、Google Authenticatorで下のQRコードを読み取ります。まだGoogle Authenticatorを持っていない人は、画面左にあるDownload Appからアプリをダウンロードしましょう。
ここでは、持っていない人のことも考えてダウンロード方法等も解説します。

3.ダウンロード画面に行くと、以下の様なアプリが表示されます。筆者はすでにダウンロード済みですので、アップデートになっていますが、これをダウンロードします。

4.ダウンロードが完了したら、アプリから+のマークをクリックし、QRコードをスキャンします。

5.QRコードをスキャンできるとBinance用の2段階認証番号が表示されます。この数字をBinance側の2段階認証設定で入力することで認証完了です。

・本人登録方法

本人登録が済んでいない段階だと24時間以内の引き出し限度額が2BTCまでです。引き出し限度額を100BTCまで上げるためにまずは本人確認の方法を記載します。

1.画面右上の人のマークから”ユーザーセンターを選びクリックします。

2.クリックすると、自分のアカウントページに飛ぶので、身分認証をクリックします。

3.すると、身分を証明するための認証ページに飛ぶので、ここで以下の情報入力を行います。ここで書かれているファーストネームは名前、ラストネームは苗字です。
日本語で詳しく書かれているので、下の説明にそいながら登録を進めてください。

・Binanceでの入金方法

本人確認申請が終了したら次は取引を行うためにBinanceへお金を入金します。Binanceは海外の取引所のため、JPYでの送金ができません。そのためBTCなどの対応通貨に変えてから送金する必要があります。ここではBTCを日本の取引所であるZaifから入金することを仮定して説明します。

◇Zaif公式ホームページはこちら

1.Binanceのトップページ上にある”資産”項目から”預金の引き出し”を選びます。次に、BTCを選択し、”預金”をクリックします。すると、BTCのアドレスが表示されるのでこれをコピーします。

2.次に送金元であるZaifに先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます。
Zaifのアカウントから出金を選び、出金アドレスのところに先ほどコピーしたアドレスを貼り付け、出金額のところに送金したいBTCの量を入力します。続いて、送金に必要な手数料と2段階認証を入力し、送金をクリックします。
手数料の部分で何も入力しなかった場合は0.001BTCを手数料として取られます。

ここまで行うとBinance側にBTCが入金されます。早ければ1時間程で着金しますが、最近は送金詰まりがひどいので時間がかかる可能性があります。

・Binanceでの取引方法

ここまで完了すればいよいよBinanceでの仮想通貨取引です。取引方法は意外と簡単なので操作しながら慣れていきましょう。

1.画面左上の取引センターをクリックしてください。すると、”ベーシック”と”アドバンス”の2つの取引画面があることが分かると思います。これは簡単に言うと、ベーシック=基本モデル、アドバンス=より具体的な取引画面、と言う感じだと思ってください。
ちなみに下の画像はベーシックの取引画面になります。操作説明もベーシックで説明していきます。

ちなみにアドバンスの画面はこのような感じです。

2.次に取引方法ですが、BTCを基軸に別の通貨を購入する場合は取引画面下の”購入BTC”から、売却したい場合は”売却BTC”から行うことができます。
画面中央にあるローソクのようなチャートは値段の上がり下がりを表示していて、緑のロウソクは価格が上昇していることを示しており、赤のロウソクは価格が下落していることを示しています。
画面上部にある数字は、左から最新価格(現在のBTC/USDの価格)、24時間暴落率(24時間で価格がどれだけ上下したか)、24時間最高値、24時間最安値、24時間売買量が表示されています。

・Binanceでの出金方法

Binanceで取引を行い取引していた仮想通貨が値上がりしたので日本円やBTCに変えて使用したい!そう思った場合は一度日本の取引所や自分のウォレットに送金する必要があります。
やり方はほとんど入金の時と同じですが一応説明しておきます。

1.入金の時と同じで、”資産”から”預金の引き出し”を選択します。次に引き出したい仮想通貨を選び、”お引き出し”をクリックします。
次に引き出したい送り先の仮想通貨アドレスを入力し、引く出したい仮想通貨の量を入力します。そして最後に”提出する”ボタンをクリックすることで出金が完了します。

まだまだユーザーが増加しているBinance取引所

Binanceは、短期間でユーザー数を爆発させた取引所ですので、多くの魅力が存在します。中国の取引所だったり、日本から利用するのが多少面倒などのデメリットもありますが、今後とも期待のできる取引所の一つです。
Binanceでは一日の新規登録者数が異常に増えすぎて現在新規口座開設に制限をかけています。一日に数時間程しか登録を受け付けていなかったり、時には全く登録できない期間もあるそうなので、登録出来る内に早めに登録しておくことをお勧めします。

~筆者 とげみ~

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*