【バミューダニュース】格付機関がバミューダの1.5%の経済成長期待

格付機関のムーディーズは、2017年から2021年の間にバミューダの平均1.5%の経済成長を期待している。ムーディーズは、ブロックチェーンなどの金融技術を通じて経済を多様化するバミューダ政府の努力に注目し、成功すれば経済の多様化と経済成長につながると述べた。
ムーディーズは、バミューダのソブリン債の長期格付けに対してA2を確認し、見通しは安定しているとの見解を示した。
このような格付は、リスクレベルと信用度を測定するために投資家が使用できる。 A2の格付けを持つ他の国には、アイルランドとスロバキアが含まれる。
バミューダは2009年から2016年の間に平均マイナス2.3%の経済収縮を経験した。

※ ムーディーズでは、各国のソブリン債の格付がBaa3以上であれば投資適格債、Ba1以下は投資不適格債として扱われる。

元記事:http://www.royalgazette.com/business/article/20180524/moodys-expects-15-growth-for-bermuda

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*