【ドイツニュース】保険大手アリアンツが社内決済用の仮想通貨を検討

フォーブス誌によるとドイツに本部を置く世界最大の保険会社アリアンツは、社内決済用の仮想通貨を試している。仮想通貨を利用して決済する試みは、為替、送金など広範囲なコスト削減を目指している。新しい社内決済用の仮想通貨は、政府の規制で無駄になる時間を節約することにつながる。
仮想通貨AllianzはブロックチェーンスタートアップAdjointによって作成されている。これらの仮想通過は、すべての金銭的通貨を仮想通貨形式に変換して、社内から容易にアクセスできるようにし、通貨を監督するコストを削減する。この取り組みは、同社がグローバルな保険会社であるため、各国政府の外国為替規制に沿ったものである必要がある。

元記事:https://ambcrypto.com/allianz-insurance-testing-a-token-intended-for-internal-transactions/

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*